スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題つくり。(るま sotomeshi??) 

外飯じゃないだろー……とは思うけど、作ってないし。

これ、日清のカップヌードル。
4つだか8つだかで14ドル=200円ちょっと(記憶の触れ幅が倍違うがな)という破格の安さ。たくさんの種類があります。

↓XO醤のシーフード
1208_5.jpg


別角度から見ると、日清なのがくっきりはっきり。
1208_6.jpg


しかし安い。
話題作りのおみやげにいかが??
投げ配る感じの。

味は普通に美味しいです。にゃふ。

スポンサーサイト

時代はマンゴー。(るま sotomeshi) 

うむ。この日は会社のF先輩夫妻と食事をしたんだけど、その写真は撮り忘れてる!……というより、先輩夫妻といたので食べるのを制止してまで写真を撮るのもどうかと思ってパスしました。なので、食後に店を移して食べたデザートのみ。お店は満屋甜品(Causewaybay)

10/29 夕食後デザート


おなじみ楊枝甘露
1029_.jpg

どこで食べても美味しい楊枝甘露。でも食べ慣れてくるとそれなりに好みが出てきます。ここのはさほど好きな味と配合ではないな~。もっととろっとしたソースにからまってる方が好き。ただここのはタピオカがものすごくぷりぷりぷちぷちしてて面白い。


タピオカ入りマンゴー焼きプリン
1029_2.jpg

美味しい~。けど飽きる~! タピオカは熱が加わるとへちゃっとした感触になるのを知りました。


マンゴーパンケーキ
1029_1.jpg

満記甜品ではないですがありました。これは楊枝甘露より触れ幅がないので、違うお店でも美味しい。

またも突入。(るま sotomeshi) 

ラララ~♪

今日もジェイドで食事。やっぱりンまいぃぃぃ~!!
スーパーで買い物をしてきて、荷物を部屋に置き、わずか1分ほどで入店できてしまうから嬉しい。あなうれし。

10/22 夕飯

炸醤拉麺
1022_1.jpg

ジャージャー麺。このお店は憺憺麺が美味しいっとあちこち(るるぶの特集からインータネットの書き込みまで)で言われているが、我が家は揃ってここの憺憺麺は好みではないのだけど、雲呑麺とかこのジャージャー麺がとびきり美味しい。まだ麺制覇していないけど、他にも美味しい麺があるに違いない。左上にちらっと写っているスープと一緒にきます。このスープがまた美味しい。かけても単品で飲んでも。

蒸鮮肉包
1022_2.jpg

肉まん。こっちに来て初めての肉まん。チャーシューまんの方がメジャーですが、あえて肉まん。うむぅ、やっぱりチャーシューまんのが美味しい。

紅油抄手
1022_3.jpg

具たっぷりのワンタンをラー油と辛みタレにからめて食べます。結構辛い。だけど美味しい。でも二人には多い。結構辛い。

清炒津白
1022_4.jpg

白菜のクリーム炒め。美味しい。王家沙というお店だともっとこってりで、これに関してはそっちのが好き。でも一品とっておくと箸休めに大活躍。

干菜千層肉
1022_5.jpg

豚の角煮がものすごーく薄く芸術的にスライスされたものが高菜の上にこんもりと盛られて登場。初めて食べたけどこれ美味しいっ。美味しいっっ。


今日は大好きなチャーハンをパスしたので、食後が楽。やっぱりいつも頼みすぎ。でもチャーハン美味しいんだよぉぉ。あうっおうっ。

ごちそうさまでした。

夜も更け更け。(るま sotomeshi?!) 

厳密に言うともなにも、思い切り「家ご飯」なんですが、本日も元気一杯休日出勤(14時出社23時帰社。しっかり働いちゃってます)した旦那さんが「帰ってきてから」作ってくれました。

「なにしてんだよ、オマエ>あたし」って感じですが、いや、違うんですよ。外に食べに行くことにしてて、待ってたんですが遅くなりすぎて行く予定だったお店が閉まっちゃったので、「作るよ~」といくつかメニューを並べたところ、全部ピンと来なかったらしく「カレーうどん作る!!」と作ってくれました。すまなんだ……ひやむぎメニューばかり取り揃えていたのが敗因?

ということで、自分で作っていないので家ごはんですが、sotomeshiカテゴリにしときました。


10/21 夜食

・とろとろカレーうどん
・おくらとおかかの冷奴(ごま油醤油ダレ)

全体図↓
1021.jpg



・とろとろカレーうどん
とろとろでうまうまでした。夜中に食べている罪悪感をしばし飛ばしておきました。野菜だけでもンまい~! やっぱり料理の基礎能力があたしよりずっと高い……。がんばろ。

・おくらとおかかの冷奴(ごま油醤油ダレ)
味が濃かった~。(もちろんあたしが余計な作り方した)


ごちそうさま!!

変わらぬ愛顧を。(るま sotomeshi) 

一昨日の夕飯、昨日のお昼ご飯と続けて3件の更新はちと長引いています。基本的に後から書いてもさかのぼって当日の日付で書いているので、位置が前後してますがどうぞよしなに。


10/15 夕飯


我が家のリビングのソファからカウントしても1分か2分、スキップだと3分(なぜ歩きよりかかる?)ほどの「我が家の台所」と言っても過言ではない位置にあるレストラン。

以前は「翡翠拉面小龍包(CRYSTAL JADE)」という、ガイドブックのグルメページにも必ず載っている「美味しい。安い。清潔」なお店(各地に展開されてます)が入っていたのですが、8月末日に突然の閉店。一ヵ月半の大々的な内装工事により全く別のお店が10/14にオープンしました。

あった時には普通に食べていたのですが、なくなってみるといかに美味しくて安くて清潔で、そしてこのありえない近さに居たJADEが、我が家にとって大切な存在であったのかを痛感(ちょっと大げさ)して、残念で残念で仕方なかったです。しょうがないので、別の場所のJADEに行くか、と寂しく思っておりました。

で、新しくオープンしたお店。
「君頤上海小廚(GRAND CUISINE SHANGHAI KITCHEN)」

お店の前には豪華なお祝いの花がぎゅうぎゅうにずらり↓
1015_6.jpg

(夜中に撮ったので暗くてすみません)

20時半過ぎに行ったのですが、それでも大盛況。
とりあえずメニューを開く……ん? JADE?!
ものすごく似てるどころかメニューの中身がJADEと変わらない。
んんん???

「JADEだと我が家の定番」を頼んで確認することに。

……………………
結論。
JADEだよー。この店JADEだよー。
店名と内装変わっただけで……JADEだよー。
店員さんまで「変わってない」よー。
「どぉーちぇ(多謝)ーどぉーちぇー(多謝)」
が口癖の店長さん?まで同じだよー(喜)

おかえりJADE!!!!


卵とハムのチャーハン
1015_4.jpg


ここのチャーハンがやっぱり一番! 辣チュウ醤(甘くてしょっばくてちょっと辛い大好きなタレ。日本ではレストランの席上に醤油などが普通においてあるのと同じで、香港の席上にたいがいあるタレ)まみれで食べるのが最高に美味。やっぱりこの店のラッチュウが一番好き!!


麻婆豆腐
1015_2.jpg


四川じゃない味付けが、私好み。テンメンたっぷり。変わらぬ美味しさ。


上海焼きそば
1015_5.jpg


色は濃く見えるけど、とてもあっさりとした炒めうどん。中国には美味しそうな色や照りをつけるために、味は薄いが色がこってりとした醤があるので、おそらくそれで作っているんだと思う。店内で手打ちされているうどんはものすごくもちもちとしていて癖になります。


レモンティー
1015_3.jpg


これこれこれこれ! この味!
香港に来て大好きになったアイスレモンティ。日本では苦手だったけど、香港スタイルのアイスレモンティはとても好き。どこにいってもあればレモンティを飲んでます。アイスティに、多めのシロップと大量のレモンの輪切りが入り、スプーンがつっこまれて、ふちまでぎりぎりの状態で出てきます。この大量のレモンをスプーンでがしがしっとつぶして飲みます。甘ずっぱくてこれがとても美味しい。JADEで初めてこの香港レモンティを飲んだので、インプリンティングされたのか、ここのがやっぱり一番ンまい! 香港レモンティ、本当に好き。


あと撮り忘れましたが小龍包

個人的に、さほど数は食べていませんがいわゆる「小龍包ならここ!」といわれているお店でも何軒か食べましたが、JADEが一番美味しいです。


おかえりJADE。なんか名前違うけど、あたし、あなたの名前なんか関係ないわ。中身よ、中身。
今後ともよろしくね。
ちなみに日本のワイズと提携して、年内中に日本に進出の予定ありです。どこにできるのかなー。同じ味出るかな?

小龍包で高名な鼎泰豊(ディンタイフォン)や南翔饅頭店より確実に美味しい(と思ってる人は、うちだけでなく多いと思う)小龍包。日本に到着したら是非是非お出かけ下さい。(つうか香港おいで?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。